良き日和りに

   
  ギョロス大帝

             ギョロス大帝 (ねこの目精霊)   ナイマン教授 (緑のスーツ精霊)

   ギョロス大帝 「ナイマンくん! なんとさわやかな!なんと穏やかな!良き日よりではないか!」

   ナイマン教授 「まことに良き日よりにて、鎮守の森の御太神様も、太陽の御太神様も、
            大変お喜びになられていることでしょう」

   ギョロス大帝 「先ほど、このうららかな日の香りに誘われて、驚くべきひらめき!が、舞いおりてきたのだよ」

   ナイマン教授 「それは!すばらしい~!!」

   ギョロス大帝 「ナイマンくん! この世の法則に、相反する二つのものが存在しておりことは、知っておろう~、
            右と左、上と下、高と低、男と女、嬉しいと悲しい、空と大地、、、、
            じゃがぁ~!この法則から、すっかり外れておる存在があるのじゃよ!!」

   ナイマン教授 「?」

   ギョロス大帝 「それはっ! アル と ナイ じゃぁ~!!!」

   ナイマン教授 「 ?? 」

   ギョロス大帝 「 よいかなっ! アルは、なにかが存在すること、当然じゃなっ!
              ところがっ! ナイは、なにも存在しないと普通は、思われておるが、
              じつはっ! そうではないのだよっ~!!」

   ナイマン教授 「 ??? 」

   ギョロス大帝 「 じつはぁ~、 ナイ という状態、状況がぁ!  アル のじゃよん!! 」

   ナイマン教授 「 ???? 」

   ギョロス大帝 「つまりぃ~、 ナイ という存在が、 アル わけだよん~!!
             この世には、 ナイ = 無 ということが、あるのよん!
             結果! すべては、アル のである!!
            
             そして、このうららかな日差しの優しさにつつまれて、思いいたった
             たった一つのさえた想い~っ!!
            
             なんとっ!この アル は、愛情で一杯だったのだよ~!! 」

   ナイマン教授 「おおっ~!! それは、たいへん すばらしい~!!」

   ギョロス大帝 「 でっ! この大発見を、鎮守の森のしめ縄の外のみなみな様にも、
             お話したいと思っておるのじゃかぁ~、、、」
 
   ナイマン教授 「それは、素晴らしい! すこしやさしくたとえ話などを織りまぜながら、
             お話しすると良いかと思います」

   ギョロス大帝 「ふむふむ、、なるほど、、、
             では、こういうたとえ話はどうじゃろか?
             ナイマンくんの今月のお給料が、 ナイ とする、、、、
             がっ!
             それは、単に、今月のお給料が、 ナイ 状態が、
             アル、、、存在するのであって、
             その アル は、 愛情 ~ いっぱぁ~いっ!!。。。。」

   ナイマン教授 「 却下させていただきます!! 」
                     
            


    
プロフィール

こっける

Author:こっける
一日の始まりは、
太陽と大地へのご挨拶から、
太陽と大地の恵みのもと、
私たちは、生かされています。

いろいろな想いに彩られた
その時々を、描きとめた
絵日記です。

ひと月にひと絵のスローペース、
どうぞ、永いおつきあいのほど、
よろしくお願いいたします。

     良き日和に  

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
フリーエリア
リンク